脱毛ラボ ミュゼ 掛け持ち

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちする方法※同じ部位や違う部位の間隔に注意!

脱毛ラボ ミュゼ 掛け持ち 脇

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちする方法をまとめました。

 

まず、結論として、一番重要なのは、同じ部位と違う部位の間隔に注意して予約を取ることです!

 

ただ、全身脱毛の脱毛ラボとミュゼを掛け持ちすると、比較的スケジュールが難しくなるのでそんなときのアドバイス等を下に書いておきました。

 

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちしてみました

そもそも、私が脱毛ラボとミュゼの掛け持ちを始めたのは、ミュゼの予約があまりにも取れなかったから。。

 

ミュゼは、本来、毛周期からすると2ヶ月に1回は施術しないといけないのに、めちゃ込みの夏場など、予約が取れないと、4カ月も施術間隔が空いた時がありました。

 

ミュゼはカウンセリングでも説明されたけど、ちゃんと2ヶ月に1回、脱毛をすれば、2年ぐらいで脇の脱毛が完了します。

 

でも、予約が予定通りに取れないと、どんどん遅れていき、私が通っていたペースでは3、4年もかかる計算に。

 

『こりゃだめだ。。』

 

と思いついたのが、脱毛ラボも掛け持ちすること。

 

なぜ脱毛ラボかというと、月額1990円と破格の値段で全身脱毛ができるから。

 

『脇の部位はミュゼの代わりになるし、全身脱毛もできて完璧じゃん!』

 

それで、ミュゼが予約で取れない時は脱毛ラボにシコシコと通っていました。

 

結果、ミュゼと脱毛ラボの2サロン体制にしてから、思ったように、脱毛の回数がどんどん進んでいきました。

 

それで、先行していた脇については、2ヶ月に1回以上通うことができ、脱毛ラボにも通うようになってから1年で終了。

 

回数を増やすことで肌が荒れたりしないかな?と気になってましたが、そういった副作用みたいなトラブルもなかったです。

 

同じ部位と違う部位の間隔に注意!

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちしてみて、一番重要だなと思ったのが、2つのサロンに通うスケジュールです。

 

特に、2つのサロンでやる「同じ部位」と片方のサロンでしかやらない「違う部位」の間隔をどうするか?

 

脱毛ラボとミュゼでは、両サロンとも脇の脱毛があるので、「同じ部位」は『脇』ということになります。

 

一方、脇以外は、脱毛ラボしかありませんので、「違う部位」は、『脇以外の全身』です。

 

「同じ部位(脇)」と「違う部位(脇以外)」について、スケジュールをまとめました。

 

同じ部位(脇)

脱毛ラボとミュゼで同じ部位(重なる部位)は、『脇』です。

 

ミュゼでの脇は、(予約が取れれば)2ヶ月に一回、施術を行います。

 

一方、脱毛ラボは月額プランで入った場合、同じ部位は4カ月に1度しか回ってきませんので、基本、どちらも、めいっぱい予定を詰め込んでOKです。

 

でも、脱毛ラボをパッププランで申し込むと、毎月脱毛が可能になるので、その場合は、ミュゼで施術がある月は、脱毛ラボの予約は取らないようにしてください。

 

私の場合は、2ヶ月連続で、脇の施術が続くこともありましたが、脇の保湿に気を使っていたこともあり、特に肌あれなどのトラブルはありませんでした。

 

違う部位(脇以外の全身)

脇以外の部位については、脱毛ラボでしかお手入れしませんので、脱毛ラボの予定は、とれるだけ入れても大丈夫です。

 

違う部位については、脱毛ラボの月額プランであっても、パックプランであっても、施術の予定は好きなようにとって大丈夫です。

 

でも、脱毛ラボとミュゼを掛け持ちしてもいいの?

でも、そもそも、脱毛ラボとミュゼって掛け持ちで通ってもいいものでしょうか?

 

結論を言うと、『あり』です。

 

以前は、掛け持ちをする人は少なかったようですが、ここ2、3年で脱毛を最短で終わらせたい忙しい女性や、ちょっとでも費用を節約したい女性の間では、けっこう常識となっているようです。

 

特に、高校生や大学生といった若い人には、異なるサロンの激安キャンペーンを掛け持ちするのは普通なようです。

 

 

実際、私が掛け持ちした際も、特に問題は起きなかったですし、友達にも掛け持ちしている子が3人います。

 

また、脱毛ラボに関しては、『ふたまた割』という掛け持ち脱毛を推奨するキャンペーンがあるぐらいなので、全然だいじょうぶ。

 

ミュゼに関しては、予約が取りにくいぐらいなので、もし、掛け持ちが知られたとしても、ミュゼも文句をいうことはできないと思います。

 

だからこの辺りは、実質的にみんなやっていることなので、私は気にしませんでした。

 

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちの注意点

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちする際の注意点としては、2つあります。

 

同じ部位を同じ月に脱毛しない

同じ月に2回も光を当てると、肌トラブルが発生する可能性も高まりますので、できれば、施術間隔を1カ月ぐらいにしてください。

 

もし、1カ月に1度の脱毛でも、肌が赤くなったり、炎症が起きた場合には、次回はもう少し間隔をあける等、各自調整してください。

 

スケジュール管理をする

脱毛ラボとミュゼというように2つの脱毛サロンに通っていると、適当なスケジュールでなすがままに予約を入れていったりしてしまいがち。

 

そうならないように、半年先を見ながら、今月はミュゼ、来月は脱毛ラボ、というようにカレンダーに施術が重ならないように「しるし」を入れながら予約を入れていってください。

 

脱毛ラボとミュゼを掛け持ちしてよかったこと

私が脱毛ラボとミュゼを掛け持ちして、脇脱毛を当初思っていたよりもかなりスピードアップすることができたので、スケジュールのポイントや注意点を書いてみました。

 

でも、今、改めて思うのは、ミュゼだけで通うよりも、脱毛ラボとの掛け持ちをして、本当に良かったと思っています。

 

特によかったのは次の2つのこと。

 

1.脇脱毛が1年で完了した

初めに契約したミュゼだけに通っていたら、とてもじゃないですが、1年で脱毛は完了しませんでした。

 

理由は、予約が取れない月もけっこうあったから。

 

よくミュゼは、口コミなどで『予約が取れない』と書かれたりしています。

 

私が通った感覚では、全然取れないことはないのですが、夏場などは取りにくいし、土日しか通てない人などは予定通り取るのが難しくなります。

 

数百円という激安で通っているので文句は言えないのですが、ちょとでも早く脱毛したかったので、脱毛ラボとの掛け持ちをして正解だったと思っています。

 

2.激安で全身脱毛もできた

もう一つが、全身脱毛を激安価格で脱毛できたということ。

 

私の場合、ミュゼの脇脱毛が300円、脱毛ラボが月々1,990円(初めの13ヶ月は無料)でした。

 

腕や脚などの全身脱毛の部位は、完全に脱毛できてなく、あと何回か通う必要があります。

 

でも、トータルtで、5万円もかからない金額で脱毛ができそうです。

 

初めから、ミュゼや脱毛ラボのパック料金とかに申し込んでしたら、こんな金額ではツルツルに脱毛できなかったと思います。

 

脱毛ラボとミュゼの組み合わせは、一番安くなる組み合わせで、友達も含めて、一番掛け持ちをしている人が多い組み合わせです。

 

 

正直なところを言うと、脱毛ラボとミュゼの掛け持ちしていると、結構、それぞれに予約を入れるのが、ちょっとめんどうです。。

 

なので、もし、上の説明を読んで、ちょっとでも『めんどうだな。。』とか『めんどくさいやん!』とか思った人は、まずは、脱毛ラボの月額制でしばらく通い、毎月予約することに慣れてきてから、ミュゼを加えていく、ぐらいがいいかなと思います。

 

一気に両方を通いだすと、すごく面倒なので、気合が入った人以外は、脱毛ラボかミュゼでお得なキャンペーンをやっているほうから申し込むのもいい作戦ですね。

 

『脱毛ラボの料金のことがよくわからない!』という人は、次のサイトがわかりやすくまとまっていたので、目を通してみてください。

 

脱毛ラボがどんなサロンかとか、料金や効果のことがだいたいわかると思いますよ(*'▽')
脱毛ラボ

 

 

では、また新しい情報があったら、アップしておきますね。

 

私のヘタな文章に付き合ってくれて、どうもありがとうございました(#^.^#)

 

 

PS..脱毛ラボ、ミュゼは、毎月、キャンペーンが微妙に変わるので、キャンペーン内容をチェックしてから、申し込んでくださいね。